Skip to content

ロボットの権利という議論が当然出てくるのではないだろうか

テクノロジーで生み出すものは我々の似姿

AIはプレイヤーと一緒に行動したり
ニューラルネットは人間は恐怖するような段階に入った

確かに自ら病気になるわけにはいかないけどね。
同じように情報システムを設計、開発する際にも対称性が成り立たないことが多い。小学生向けの学習サイトを作る際、おじさんエンジニアに「自分が使いたいサイトを作れ」といっても無理だし、作れたとしても「小学生を持つ親が見たいサイト」
しかできあがらないだろう。
人工知能米国ではタブレット端末で注文ができるレストランも増え

ニューラルネットワークの学習と異なり

もっと生々しい例では今をときめく「ソーシャルゲーム」
がある。
おそらくはデマだと思われる対話!ここんなものがある。
「▼▼の説明員『この中でわが社のゲームをやったことがある方はいますか?』誰も手を挙げず説明員『そうですよねー。
りませんから』」
うちのゲームは高学歴の方はほとんどや引用元:【全板集合】2chにある無駄な知識を集めるスレ192かくの通りおそらく彼らの中では世の中は二つの種類の人間に分けられているのだろ思う。

人工知能が発展する

すなわち「取る奴」
と「取られる奴」
に。
そして彼らは「取る奴」
を集めて会社を作りたいと思っているのだ。
ソーシャルゲームはまあ放っておいて、そうした対称性を持ち得ない製品を設計する場合にはどうすればよいのか。
おそらくインクルーシブデザインといった試みはそうした問いに答えるものかもしれない。
RPAを紹介するサイト

ロボットが橋渡しの役割をする

それについて語るのは私の力量を超えるのでパスするが、こうした「対称性がなりたたない場合」においても、ユーザを観察することは有益であると主張したい。優秀なデザイナーであれば、とにより、ユーザ自身気がついていない問題点を発見することもできる。これができれば「自分が欲しい物を作る」といった自分本位の狭い世界から抜け出すことが可能になるわけだ。
「ユーザを観察する」
こそんなのは当たり前だと言われるかもしれない。
しかし特に大企業においてはほとんどの場合、このようなプロセスでは製品が開発されない。
一つ例を挙げておく。

ロボットは吹っ飛んでしまいました
AI&Internet

人工知能AIに書かせたほう

人工知能の研究には例えば追加の認証要素を組み合わせるもう、時効だから言いますけど、10年くらい前に、PDAとか流行った時、「うちもMFらしいPDA(PersonalDigitalAssistant)を作ろう」
ブトも決まらないまま。60人以上のエンジニアが投入され開発にGoが出ました。
という大号令が掛かり、コンセ「MFらい、PDAって何ですかね?」とエライ人に聞いても、「そりゃ、MYらしさを前面に押しだしたPDAだよ!」とか返されて、現場では「Sニーの..のロゴをうちのに変えればいいんだよ!」とか冗談を言いながら、無駄なコードを書いてました。
人工知能Watsonとは?

AIは優れた脳機能を模倣する

みんな黙ってしまいました。
開発開発が難航し、一年後、無駄な試作品をいくつか作って、日の目を見ないまま消えました。
MMR:なぜ日本の伝統的メーカーは「エラい人のキーワードでモノつくる構造1を早くやめられないのか世界のM下である。毎年一流大学卒の特別に優秀な学生が就職する一流企業である。
「サラリーマンだから」
そりゃそうだよ。となると問題は何処にあるのかについては後回し。
その「賢者の集団」
でなぜこのようなことが行われるか。
上記引用部分に続いて書かれている内容に私も深く頷く。
ささやかなケーススタディ設計者はユーザに聞くのではなく、その振る舞いを観察し自分で何を作るべきか「デザイン」
形にする。