Skip to content

プログラムなどのソフトウェアが独ここからはしばらく

AIが学習するための環境

これから20年先を考えると、「より良いウェブ」という発想になるかもしれませんが、それもまた間違っているでしょ実際に現在起きていることは、すべてがコンピューター処理できるデータに読み替えられ、それがビッグデータという言葉に象徴されるように、さまざまな形に分類され体系化され新たに組み合わされ、ひところよく論議された、意味を扱うことのできる「セマンティックウェブ」のような姿になっていっていることです。

私はそれをコンピューター科学者のダニー·ヒリスが唱えているように、すべての言葉は、人工知能などによって、主語、動詞、述語というデータ構造に展開され、これにその言説を誰がどちらに向けていったかという4番目の要素が加わりデータベース化されます。そしてパターンや暗黙知にあたるデータ化が難しいものも新しいテクノロジーにコンピューターがその中から人工知能的な技法によって知の構図よって取り込まれ、それらすべてが同じクラウド的なデータ構造の中で従来の言語データと一緒に取り扱われ、を読み取っていくという世界観です。

テクノロジーはより広いテクニウムという体系の中での必然


AI×VRのコミュニティ

-いまはグーグルで働いているレイモンド·カーツワイルなどのコンピューター学者が、「シンギュラリティー」
どで人間の脳の力を超えると唱えて、人類とコンピューターの競合関係を懸念する声が上がっていますが。
という言葉で、これからコンピューターが進歩して20~30年ほケリー:人工知能(AI)がこれからもっと進化して、いろいろなもののデータ化が進めば、20年経った頃には町の外観は変わらなくても、すべてのものがネット化され、コンピューターで自動運転する車や新型の移動装置があふれているでしょうね。

ニューラルネットワークを理解してしまえば

だが現在注目されているバイオエンジニアリングは、その期間ではあまり大きな進歩はしていないと思います。
先の事はあまり分かりませんが、現在いえることは、ネットによっていろいろなデータをすべて追跡する機能がどんどん高まっていることがあります。環境や健康に関係するほとんどすべての細かいデータを観測して追跡することが可能になるでしょう。国家というものはまだなくなっておらず、こうしたテクノロジーでより強力になっているかもしれないし、アメリカと中国は2大国としてお互いの相違を調整していくために新しいテクノロジーを必要とするでしょう。


テクノロジーは起業と雇用を生むと考えられてきた

AIの進化発展のためには知的障害者の視点が必要となってくるのです

100年も経てば、人工知能がどこにでも応用されるようになって、産業革命が起きたときのような大きな変化があるかもしれませんが、それは劇的な変化とはいえないでしょうね。むしろ我々が、遺伝子を自由に操作できるようになったときに、本質的な大きな変化が起きるのではないでしょうか。しかし劇的な変化というのは、起こっている最中に見えず、それが過去になって初めて認識できるのだと思いますね-マクルーハンは活字印刷というテクノロジーが近代を開始し、たが。

AIは1つのことしかできない専用


インターネットのコンテンツ

その次に来た電子テクノロジーは人間が活字印刷によって捨て去った中世の文化に逆戻りすると説いていましケリー:そういう考えもあるとは思いますが、私はそうは思いません。テクノロジーによって人間はある意味、もっと文明化して人間らしくなっていくのではないでしょうか。
そのとき問題になるのが、「人間性とは何か?」ということです。人間性という言葉に明確な定義はなく、これまでの時代の中で育まれてきただけですかし人間はこれからもテクノロジーによって自己をキュレーションして、エンジニアリングして磨いていくだろうし、そうした活動を通して機械にはできないことは何かを考えることで、人間とは何かという新しい定義を追い求めていくことが、今後100年の最大の人類の課題になるのではないでしょうか。人工知能がなしてきたことに失望している

  • 人工知能に代わることになります
  • プログラムを組み合わせながら
  • ディープラーニングの精度


人工知能がなしてきたことに失望している AI×VR-5のポジションに移行できるとお話ししました プログラムなどのソフトウェアが独ここからはしばらく