Skip to content

ロボット産業は大変層が厚く

インターネットを駆使したバーチャルな工場の出現

「なるほど。
それではここに”今まで見てきた服と、予算から最適な服を推薦する機能”があればいいと思いませんか?」
彼女は「まあ!それはいいですね。
そんな推薦システムがあったら是非ほしい!
とは言わなかった。
彼女が言ったのは概略次のような内容である。
「いや、そんな機能は考えていません。

人工知能研究の基盤ともいえる技術ですロボット産業は大変層が厚くそもそも何の為に服の写真を並べたいかというと、それをネタに友達とわいわい盛り上がりたいからです」
というのは「できる限り手っ取り早くすませる·つまり最小化する·ベきコストパあり、楽しむもがびーん、のではなかったのである。
「楽しみ方」があるとは無想だにしなかった。
であるから最適な服を推薦してくれるシステムがあれば、そもそも私にとって「服を買う」
それを購入しておしまいにできるのに、となった。
そんなと思ったのだ。
しかし彼女にとって「最適な服を手に入れる」
ことはそもそも主たる目的ではなく、一番重要なのは友達とのおしゃべりだったのである。
かくのごとく最適化すべき目的を大幅に間違えていた場合、どれだけ努力しようが製品の研究開発はどこにも到達することがない。

 

AIが偉大なデザインを目指したいなら完成した暁

前述した「ユーザを観察する」
ことはこうした間違いを防〈ために役に立つだろう。しかしこのように「虚心」で現実世界のユーザに向かい合う事がいかに難しいことか。ユーザインタフェース、ユーザインタラクションの研究·開発をする人はいやがおうでもユーザに相対せざるを得なぃ、などというのは楽観的な思い込みにすぎない。ある人は「インタラクションの研究者でも本当にユーザと向かい合っている人は一割ではないかJと述べた。ほとんどの人は、ユーザに向かい合おうとして2なで迹たいくつかの「穴」にはまってしまうという。AIの技術は活躍します私もその意見に賛成だ。
ステップ2:生まれた変化の芽を育てるために仮にあなたが企業に勤務する優秀かつ前向きな会社員だとしよう。
そして絶大なる忍耐心を持ってここまで文章を読んでくれ、かつ内容を理解、実践した上で幸運に恵まれ「現実に対する正しい問い」
をたてたとしよう。
その上で努力を重ね、正しい問題に対する有望な解決策を見出したとしよう。映画ならばここで悪の本部がどっかんと爆発し「世の中は平和で良いところになりました」
という描写が続く。しかし現実世界ではそうしたことは起きない。その理由については、前のページの最後に説明した。ではどうすればいいのか。

    1. 人工知能自身がその消費量が加速していく方向となるだろう
    1. ロボットの部品の問題
    1. テクノロジーを結びつけるさて

人工知能の歴史をたどっていきたいと思います

ここで取るべき道の一つに「新しい事をしない」というものがある。おそらくほとんどの場合これは正しい。そんなことをしていたらいつか会社が滅びるというかもしれないけど、どんな会社だっていつかは滅びる。
多分明日は大丈夫だろう。
その次も大丈夫だろう。N日先に大丈夫ならN+1日先もOK.このように数学的帰納法を適用すれば会社が永遠に存続することが簡単に証明できる。
そのあと不振に陥った会社のOBが偉そうに「凋落の原因」
について語っているのを見るといつも複雑な気持ちになる。
不振に陥る会社というのは導火線に火のつ記者会見というヨタ話はさておき、かつて隆盛を極め、いた爆弾のようなものだ。
人工知能の取り組みを紹介していきたいと思います

インターネット広告をうつことは可能です

自分がリタイアするときには、その爆弾を後任者に放り投げる。その次、その次、とやっているうちにどこかでどっかんと爆発する。悪いのは導火線に火をつけた人間なのだが、で頭をぺこぺこ下げるのはたまたま「椅子取りゲーム」でまずい時間帯に椅子に座っていた人間。導火線に火をつけた人間はどこかで偉そうに「私がいた間は順調だったのだが..悲しいことだ」と言い放つ。


ロボット産業は大変層が厚く 人工知能Watsonとは? ロボットが存在します