Skip to content

人工知能米国ではタブレット端末で注文ができるレストランも増え

AIそれをどのように解決するのか

客観的な材料がないときに、リスクと失敗したときの責任をおそれず、しか意思決定に客観的な材料があるのであれば、それは誰でも決断ができることを意味する。
し(結果的に)的確な意思決定ができるのがトップの役割であろう。
引用:前掲書p68経営トップが支持しなかった場合、(11件)では組織トップ以外の組織内から支持があったのが5件。
そのうち半分以上(3件)では通常業務では接点のない相手だった。
組織外から支持があったのが5件。
ここから言えることは·新しいものは反対に会う方が多い(反対:14対すんなり:9)反対にあったときに社長が救ってくれることもあるが、少数派14件中4件である。
助けはどこにあるかわからない。
このようなイノベーションの実用化に何が必要かについて本書はこう述べている。

  • ロボットが農業などの基本的な生産活動を持続的に行ってくれて
  • 人工知能が制御していて
  • AIのソフトウェアは何か

ロボットが必要だといわれていますイノベーションの推進者は、多様な相手に向かって、多様な理由を駆使して、多様なルートを切り拓いて、創造的正当化に努めつつ、しかし同時に、常に正当かを支える理由と構造をよく理解し、やがれそれが客観性の高い経済的合理性につながるように努力を続け、必要な時には撤収の決断をすることを心がけるべきである。

ものすごく固い文章だが、再度私なりに要約すると·仮にすごいアイディアを形にしたところで、すんなり支援されるなどと思ってはいけない。AIには代替できない海外在住の日本人

 

コンピュータ技術の専門的な分野に目を向けてみましょう

·イノベーションを実用化するために正面から攻めても多くの場合勝ち目はない·「頭を使って」かしこく柔軟に立ち回り、入手可能な助けはなんでも利用し、それに幸運が加われば日の目を見る可能性もあるそんな当たり前の事を、と思うかもしれないが少なくとも10年前の私にはこれが理解できていなかった。
「こんな素晴らしい物を作ったのに、何故罵倒されるのだろう」
と首をひねっていたのである。
この文章を読めば少なくとも首をひねる時間を半分にし、その分をより創造的な用途に回せるかもしれない、というのが著者のささやかな希望である。
人工知能の力も借りて分析する
インターネットは完全にボトムアップの世界
完元テクノロジーの奥底に働く進化的な力ケヴィン·ケリーの『テクニウム』は、人類の文明の基盤ともなったテクノロジーというものを正面から取り上げ、その成り立ちから現在の社会における役割までを論じるばかりか、テクノロジーが持つ根源的な意味を「テクニウム」という言葉で表現し、宇宙の始まりから遠い未来までも視野に入れて展望する非常にスケールの大きな本だ。テクノロジーという言葉をただのITやバイオテクノロジーといった狭いジャンルに限るのでなく、言語や法律、アートなどの人間の知的活動すべてととらえ、さらには人間が行う人工的な活動を超えて、生命自体の成り立ちや、宇宙を形成している物理現象すべてにまで拡張し、非常に広い文脈で読み解く、これまでにないテクノロジー論だといえる。

 

人工知能AIも使いながら

彼は今回の来日講演の際にまずダーウィンの進化論を持ち出し、ダーウィン以前の生物学は、さまざまな形状の生物を寄せ集めて分類する博物学的な域を出なかったという。
しかしダーウィンがこれらの奥に潜む進化という原理を発見することで、すべての生物の体系に歴史的文脈が持ち込まれ、生物の時間的·空間的な体系から全体像を把握することができるようになった。そして、これと同じことをテクノロジーにも当てはめることができると主張する。

Watson/のユーザー

我々は我々の作り出した雑多な工業製品や工芸品を、なんの脈絡もなく無造作に並べて,括りにテクノロジーと呼んで論じているだけだが、これらを冷静に見ると、テクノロジーによって作られたものも、系統的に関連しながら進化し、複雑化,多様化している。そしてテクノロジーの奥底に働いているこうした進化的な力を「テクニウム」と名付け、人によって作られたすべてのものばかりか、それを生命や物理現象という自然界にまで拡張して論じる。
現在の宇宙論では、ビッグバンで虚無の中にあった特異点が爆発してエネルギーとして膨張し、ある程度の時間が経っと物質ができ、それらが集まって星や銀河系に発展し、さらにはある条件下で生命が生み出されたとされる。


AIには代替できない海外在住の日本人 ロボットが存在します ロボット産業は大変層が厚く