家づくりでは

その名の通り住宅の

そして、壁は少なく開口部分がとても多い。結果として、風通しがよく、日当たりは少ないというシステムになっていました。れこそ、夏をむねとした作りであるにちがいない。同時に、当時としてはそうとうな贅沢でもあったのです。が、池を造ってそこに満々と水を溜めておくというようなことも、涼しい夏を作るための工夫でもありました。

家族の安全をどう守るかという視点で

そうすると、水は非常に比熱が大きいのでちょっとやそっとじゃ池の水が温まるということはありません。しかも昔の貴族の邸では川から水を引き入れていて、たえず水が入れ替わっていたから、水の温度はいつもひんやりと保たれていましたかくて南風が吹くと、てくる。つまり、池は、かったかと思います。その風が冷たい池の上を渡って冷やされ、涼しい風となって、簾を通って屋内に入っ自然の冷房装置の役割を果たしていたことになります。ひじょうに賢いやり方ではな中世以後の書院造にも、やはり必ず深い軒があります。

 

マンション事情はいいか

このように、共用部分の工事を契約通りに施工すること以外にも、より良いマンションライフを作るためにこうした専有部分リフォーム工事を行うことがあります。いろいろな提案を積み重ねることは、サービス業としての施工会社になるためのプロセスだと思います。双方向性のあるケアの気持ちを大切に!質問マンション大規模修繕工事を行っている施工会社社員です。いつも本欄を読んでいます。が、ご回答者の「マンション管理組合の工事を受ける工事施工会社はサービス会社であることを自覚せよ」あるいは、「情報は、専門用語を使わずに、読みやすくわかりやすくしよう」という主張は良く理解できます。また、日々そうしなければいけないと思います。
工事なんてしません

省エネ性では世界で一番とされていが核

しかし、できるだけそのようにしているつもりでも、やはり情報が一方的になりがちで、これだけ努力をしているのに反応が少ないな、と思うことも多々あります。なにかもうひと工夫しないといけないな、とは思うのです。がなかなか困難です。良い工夫についてご教示いただければと思います。よろしくお願いします。回答いつも本欄をお読みいただいているとのこと、また、私の思いを適切に受けとめていただいていること、合わせて感謝申し上げます。住民が住みながら行うマンション大規模修繕工事は、実に大変な工事で、現場代理人の皆さんの日々の努力には頭が下がります。でももう少しこうしたら?

建築史の講議を予定していたのだが

お風呂、脱衣所、階段なんかにつけると思います。けど特にトイレや脱衣所、階段なんかは、元々それほど広くないので、ます。バリアフリーを考えていない昔の家であればある程です。手すりを後から付けると本当に狭く感じ私の家の例ばかりで申し訳ないのです。が、私の家は和式トイレが非常に狭く、一体型の洋式トイレすら付けることが出来ないような状況でした。

冷蔵庫やソファなどの大物の家電や家具は

洋式トイレに変えると手洗いそんなところに、無理やり洋式トイレ「手洗いタンクなし」を付けて、更に手すりを2本付けたのです。和式トイレと比べるとそりゃあ洋式トイレのほうが使いやすいのは確かです。けど、本当に狭くなりました。私はそれほど体が大きい方ではないのです。が、それでも立ち上がる時等に服が手すりに当たります。からね一応、毎日除菌クリーナーなんかで掃除はしています。