Go to content Go to navigation Go to search

普通の賃貸住宅とマンスリーマンションの違い

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2012-02-18

マンスリーマンションを借りる場合の一番大きなメリットは、敷金や礼金を支払う必要がないということです。

どんなに短期間であっても、新しい生活を別の場所で始めるには、それなりの費用が掛かります。

しかも、生活に必要な家電や家具を揃えなければならないため、時間も手間も掛かるということになってしまいます。

その点、マンスリーマンションなら、家電や家具も始めから設置されていますので、必要最低限の荷物を持って行くだけで、生活を始めることができます。




仕事の関係でマンスリーマンションを利用する場合、出張や研修のための短期利用であることが多いようです。

個人で利用する場合は、家の建て替えやリフォーム、就職活動のためであることが多いようです。

マンスリーマンションの賃料には水道光熱費やインターネット回線の使用料も含まれていますので、1カ月当たりの賃料だけを聞くと割高に思えても、よく計算してみると、とてもお得であることが分かります。

また、立地の良いマンスリーマンションは、生活する上でも快適な環境である場合が多いと言われています。




普通の賃貸住宅を借りるかマンスリーマンションを借りるかで迷ったら、賃料や生活に掛かるその他の費用を書きだして、比較してみることをお勧めします。

その場合、普通の賃貸住宅には、敷金や礼金といった初期費用がかなり掛かるということも忘れてはいけません。

様々なことを考慮すると、その両方に一長一短がありますから、利用する場合にはどちらが条件に合っているのかを考え、その時々の状況や目的に応じて選択すると良いのではないかと思います。

Leave a Reply