Go to content Go to navigation Go to search

いろいろな歯科材料メーカーについて

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2013-02-28

今は、近所の歯科医院で、歯科助手として働いています。毎日が充実感に満ちています。ゆくゆくは、歯科医師として独立したいと考えています。今では、歯科医院も多いので、甘い世界でないことは、わかっているつもりです。そんな中で、いつも思うのが、歯科材料メーカーの大変さとやりがいについてです。私が勤めている歯科医院では、モリタというメーカーのものを多く使っています。歯科材料のほとんどがモリタ製といっても過言ではありません。院長先生は、やたらと変えるつもりはないといっています。何しろ、歯とはいえ、人の身体に触れるものですから。信用と安全が第一だといいます。

昼休みの時間帯には、毎日のようにいろいろな歯科材料メーカーが営業にやってきます。そんな中において、最近になってよく耳にするのが、高齢化という言葉です。歯科医院においても、高齢化の波は押し寄せています。患者さんの多くが高齢者であるといえます。歯槽膿漏や歯周病のケアというのは、歯科医院においては、当たり前のようなものです。その上で、インプラント治療やホワイトニングといった審美治療にまでつながっていくとされています。それらをすべて含めたうえでの歯科材料メーカーの商品開発は大変なものだなと感心してしまいます。

Leave a Reply