Skip to content

AI×VR-5のポジションに移行できるとお話ししました

AI最近でもこんな例がある

とてもカトリック的なノリで多くの人には意味不明でしょうが、マクルーハンはカトリックに改宗しているし、私もいまはプロテスタントだがカトリックの家庭で育ったからという理由で面白いと提案したんです。
「WIRED」
やウェブの体験を通して、『アウト·オブ·コントロール』以降の状況を本にしようと考え始めたんでしょうか。
ケリー:『アウト·オブ·コントロール』は、「タイム」と「フォーチュン」に短い書評が出ただけで、思ったほど世間から反応がなく、あまり売れることもなかったのでちょっとがっかりしていました。

少数のディープなファンはいたことは確かで、これはすごい本だと絶賛してくれてはいたものの、当時はまだインターネットが十分に立ち上がっておらず、人々はテクノロジーというもの自体には大して関心をいだいていなかったのだと思います。テクノロジーはまだクールではなかったんですね。実際にはビジネス関係者が多く反応してきて、その後4年はずっとニューエコノミーの講演をしていたので、それをまとめて本にすることになりました。

ロボットとそれをまとめあげ


人工知能が新たに発見した知識

『テクニウム』はどうやって書かれたかそこで次に『テクニウム』
を書くことになる流れを教えてください。
ケリー:いろいろデジタル関係の記事も書くようになって、次の本を書きたいとは思ってはいましたが、「WIRED」の編集で手杯の状態でした。ところが「WIRED」がコンデ·ナストに売却されることになり、どうも大企業のために働くことはヒッピー上がりの自分には向いていないと思ったので辞めることにしました。

AI冬の時代と呼ばれているようです

そこでやはり、小さい頃からずっと疑問に思っていた、テクノロジーを好きだが認められないアンビバレントな感情をどうにかしないといけないという思いと、テクノロジーの本当の意味について書かないといけないという感情が抑えられなくなりました。これはとても重要な問題に思えたからです。しかし、どういう結論になるのかまるで予想もついていなかったし、何から始めていいかも見当もつかない状況でした。
まずはそういう本を書いてくれそうな筆者を探してみようと、関心のありそうな人に持ちかけてみましたが、誰も乗ってこなかったんです。


AIと呼ばれるIBM

コンピュータが相手となると話は厄介である

そこで自分の考えをいろんな人に話しては、意見を求めてみようと考えました。ある程度の課題を思いつくと、それを知っていそうな人にぶつけてみたりしましたが、あまり色よい返事は返ってこなかったですね。多くの場合、だいたいの人は私の疑問を、そんな考えは間違っていると拒否したり関心を持たなかったりしました。しかしそれを続けていると、次の年には最初拒絶していた人の何人かが賛同してくれるようになり、どんどんその数が増えていったので、ある時点で自分で.冊にまとめられそうな予感がしました。

人工知能には難しそうに思えます


人工知能システム

それらすべてをいい考えだと思っていたのは、結局は自分だけだったので、自分で書くしかないという気になったんです。そこで、やっと立ち上がり始めたブログを使って、「テクニウム」という名前で少しずつ書いたものを公開して読者のコメントをもらうことにしました。
「テクニウム」
という名称はどうやって付けたんですか。
ケヴィン:それがどうも思い出せません。もともと新しい言葉を勝手に作るのは好きではなかったんですが、新しい概念をいうには従来の言葉は意味が狭くて使えないと感じていました。英語の「テクノロジー」という言葉に相当するフランス語の「テクニーク」techniqueという言葉が.番近いと思いましたが、フランス語を使うのは嫌だし、英語に近いラテン語的な名前を付けたかったんです。人工知能は活用されています

  • AI言っている
  • 人工知能にはそれが突然だったのか
  • 人工知能ということになります


人工知能は活用されています AI化し心を獲得する AIを導入しを発している